不動エリスのTCGブログ

TCG(主に遊戯王とデュエルマスターズ)のブログです。

【遊戯王】注目している新規サイバース【コード・エクスポーター】

遊戯王においてサイバース族は一番新しい種族ですが、アニメのキャラクターが使う関係からその数を一気に増やしてきました。

ですが……

 

 

増えて来たカードプールに対し、使いやすくて強いカードが少ないです。

私が今一番不満なのは、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》。

アニメで大活躍した主人公の新たなるエースモンスターです。

 

f:id:Elise-Fudo:20190827201831j:plain

効果自体は強力なのですが、その発動条件が非常に手間な上にエクストラデッキを圧迫するため、「これ1枚を出すくらいなら普通にエクストラリンクした方が強い」と言われるほどです。

私も《サイバース・ウィキッド》のリンク先にカウンターが4つ乗った《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》2体を立たせるデッキを考えましたが、正直微妙でした。

もっと簡単に効果を発動できるサポートカードが欲しかったです…… 

 

そんなこんなでサイバース使いの割にサイバースを否定する私ですが、実は注目している新規サイバースがあります。

 

 

注目しているサイバース族モンスター

その1:斬機

リンクよりもシンクロとエクシーズに特化したレベル4のサイバース族新規テーマ。

個人的にはシンクロモンスターの圧倒的な攻撃力によるワンキルが魅力だと思っています。

ですが、私が一番注目しているのは特殊召喚可能なチューナー《斬機シグマ》だったりします。

私が使うサイバースデッキではチューナー《サイバース・シンクロン》の素引きが痛く、《斬機シグマ》を入れることで手札事故が緩和できるからです。

 

その2:@イグニスター

アニメで活躍中のサイバース族新規テーマ。

リンク召喚後に墓地から特殊召喚を連続して行い、シンクロやエクシーズに繋げる動きはどこかDDに似ている気がします。

効果も汎用的なものが多く、使いやすそうな印象を受けました。

既に汎用ランク4エクシーズの《ライトドラゴン@イグニスター》の収録が判明しており、個人的に期待大のテーマです。

 

その3:《コード・エクスポーター》

手札リンクを搭載した、コード・トーカーデッキ期待の新人。

レベル5の上級モンスター故に手札事故の可能性があるため、デッキに1枚程度の採用になる気がします。

「コード・トーカー」モンスターのリンク素材となった場合に墓地のレベル4以下のサイバース族モンスターを手札に戻す効果が強力で、手札消費を軽減したり、次のターンの展開札を確保したりすることができます。また、このカードと《マイクロ・コーダー》が手札にあれば、エクストラリンクできます。

 

コード・トーカーデッキの動きがわからないという方は、前の記事を参考にしてください。

 

elise-fudo.hatenablog.com

 

①《マイクロ・コーダー》通常召喚、手札の《コード・エクスポーター》と《コード・トーカー》をリンク召喚

②《マイクロ・コーダー》の効果でデッキから《サイバネット・コーデック》をサーチし、《コード・エクスポーター》の効果で墓地の《マイクロ・コーダー》を手札に加える

③《サイバネット・コーデック》を発動し、《コード・トーカー》と手札の《マイクロ・コーダー》で《トランスコード・トーカー》をリンク召喚。《サイバネット・コーデック》の効果でデッキから《コード・ジェネレーター》を手札に加える

 

……といった風に、リンク召喚を繋げていくことができます。 

 

 

《コード・エクスポーター》は可能性の獣

 

さらに凄いのは、コード・トーカーデッキから他のサイバース族テーマの展開にシフトすることができることです。

  

 

①《トランスコード・トーカー》の効果で墓地の《コード・トーカー》をリンク先に特殊召喚

②《コード・トーカー》と手札の《コード・ジェネレーター》で《エクスコード・トーカー》を《トランスコード・トーカー》の下にリンク召喚。《サイバネット・コーデック》の効果でデッキから《コード・エクスポーター》を手札に加え、《コード・ジェネレーター》の効果でデッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスターを墓地へ送る

③《トランスコード・トーカー》と手札の《コード・エクスポーター》で《コード・トーカー・インヴァート》を《エクスコード・トーカー》の左にリンク召喚。《コード・エクスポーター》の効果で墓地から攻撃力1200以下のサイバース族モンスターを手札に戻し、《サイバネット・コーデック》の効果でデッキから《バランサーロード》を手札に加え、《コード・トーカー・インヴァート》の効果で特殊召喚。

④《バランサーロード》の効果でライフコストを1000支払い、サイバース族モンスターの通常召喚権を増やす

 

少々ややこしいですが、これでデッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスターをサーチし、通常召喚する準備ができたことになります。

ここから転生炎獣や海晶乙女、斬機、@イグニスターの展開に繋げることができます。

 

もちろん、転生炎獣ならテーマ内でデッキを組んだ方が強いし、他のテーマでも同じかもしれませんが、サーチ可能な攻撃力1200以下には《夢幻崩界イヴリース》がいます。ここから《双穹の騎士アストラム》を立てつつエクストラリンクした上に《夢幻崩界イヴリース》を相手に送りつけることができるわけです。

 

ほら、可能性を感じちゃいませんか?

 

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS DUELIST SET

遊戯王OCG デュエルモンスターズ LINK VRAINS DUELIST SET

  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
  • 発売日: 2019/08/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • この商品を含むブログを見る
 

  

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX

  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
  • 発売日: 2019/07/13
  • メディア: おもちゃ&ホビー
  • この商品を含むブログを見る